ウォーターサーバーの電気代って高いの?安くておすすめの宅配水は?

MENU

ウォーターサーバーの電気代って高いの?安くておすすめの宅配水は?

※この記事の更新日:2015年11月26日

ウォーターサーバーの電気代って高いの?安くておすすめの宅配水は?


ウォーターサーバーの電気代は高いんじゃないの?」「どのウォーターサーバー業者なら電気代が安いの?」など疑問や不安ありますよね。電気代が安い傾向にある宅配水は、主にエコモードやセンサーによる自動節電等を搭載した次世代型サーバーです。
というわけで、サーバーの節電機能を比較基準とし「一体どの宅配水が電気代が安いのか?」を表でわかりやすくご紹介します♪

ウォーターサーバー電気代【目次】


電気代が安くておすすめのウォーターサーバーランキング!!

フレシャスdewoの特徴

フレシャスで最も電気代が安く最新のサーバーがdewo(デュオ)です。部屋の暗さで自動的に節電モードになることや、ボタン一つでエコモードに切り替わり、温水温度を15度低くして消費電力を抑えることができます。それ以外にも、宅配水で初めてデュアルタンクを採用し、温水と冷水を分けることで余計な加熱や冷却がなく電気代を節約してくれます。dewoの電気代月330円は当サイトが調べた49社のウォーターサーバーの中で最も電気代が安いです。

電気代 330円※最安値
エコモード ボタンを押すだけで温水の消費電力を下げることが可能!!
省エネ機能 光センサーによりお部屋が暗くなると自動的にSLEEP機能に!!

プレミアムウォーターの特徴

プレミアムウォーターのウォーターサーバーは、光センサーにより、部屋が暗くなると自動で節電モードになります!これにより電気代も30%カットできます。使い方次第ではかなり電気代がカットできるウォーターサーバーです!!最新サーバーで電気代を毎月500円でも節約できると年間で6,000円もカット♪

電気代 340〜1,000円
エコモード 内臓
省エネ機能 光センサーによりお部屋が暗くなると自動的にSLEEP機能に!!

電気代の安さでウォーターサーバーを徹底比較!!

  電気代/月 省エネ機能 ECOモード
フレシャス 330円〜
富士桜命水 1,000円〜 ×
ユニマット宅配水 1,000円〜 ×
ナチュレ 800円〜 × ×
ウォーターワン 記載なし × ×
アクアセレクト 記載なし × ×
アクアマジック 800円〜 × ×
クリクラ 500円〜 ×
クリクラママ 500円〜 ×
ウォーターエナジー 1000円〜 × ×
ボーベルウォーター 800円〜 × ×
良水市場 記載なし × ×
さくらウォーター 記載なし × ×
アクアクララ 350円〜 ×
ベビアクア 350円〜 ×
プレミアムウォーター 340〜1000円 ×
うるのん 1000円〜 ×
宅配便のキララ 記載なし × ×
アクアマジック1Way 800円〜 × ×
サントリー天然水 700円〜 × ×
クリスタルクリアウォーターズ 800円〜 × ×
アルピナウォーター 1,000円〜 × ×
ウェルウォーター 記載なし × ×
マーキュロップ 650円〜 ×
クリティア 630円〜
アクアプラザ 1200円〜 ×
コスモウォーター 600円〜
ダスキン 記載なし ×
島根のおいしい天然水 1000円〜 × ×
スマイルベビー水 1000円〜 × ×
南ASOの天然水 600円〜 × ×
フレール 1000円〜 × ×
富士青龍水 1000円〜 × ×
富士の湧水 1000円〜 ×
キリンアクウィッシュ 972円〜
ハワイウォーター 1000円〜 × ×
エフィールウォーター 1000円〜 × ×
※電気代の料金は公式サイトから抜粋した正確な情報です ※各宅配水の中で一番安い電気代のサーバーを参照しています

ウォーターサーバーの電気代でよくある不安や疑問FAQ

ウォーターサーバーの電気代を節約する良い方法はありますか?
ウォーターサーバーの電気代を節約する方法は、お湯を頻繁に使わないようにすることです。湯沸しするときが一番消費電力を使うからです。熱いお湯を使わない方は、お湯のスイッチをOFFにすると更に節約可能です。

ウォーターサーバーの電気代節約で電源を切っても大丈夫?
結論から申しますと、電源を切ると水が腐敗します。なので、長期間の外出などで2週間以上サーバーを使わない時は水をすべて抜いてから電源を切るようにしましょう。

電気ポットとウォーターサーバーの電気代どっちが安いの?
電気ポットの湯沸し時の平均消費電力が1,000Wです。それに対して、ウォーターサーバーの湯沸し時の消費電力が300〜450Wなので、ウォーターサーバーの方が安いです。



ウォーターサーバーの電気代だけが安くても・・・

上記の電気代比較表でご紹介していきました通り、どのウォーターサーバーもそこまで高くなく大きな差はないと言えます。とはいえ、長く使っていくと発生する料金も大きくなっていくことは事実です。しかしもっと重要なのが他に発生する料金が高いと電気代が安くても意味がないのです。
そこで私はおすすめする方法が、1か月のトータルで発生する料金でチェックするという方法です。これだと電気代が安くても水代やサーバー代が高く、結果支払う額が多い・・・なんて問題も起きませんよ♪

>>1か月の支払額の安さでウォーターサーバーを比較

詳細検索
配達地域
水の種類
レンタル代
ボトルタイプ
デザイン
こだわり条件